HTML/CSS Templates k2-s.com

長野県茅野勤労者山岳会 しらびそ山の会

                                   | お問い合わせ |
border
北ア常念岳テント場から見る槍ヶ岳有形

ようこそ! しらびそ山の会へ      

2017年に会員が出かけた山行報告のページです。
当山岳会の詳細は、ごあんない、活動方針のページ をご覧下さい。

お問い合わせは、shirabisoyama@yahoo.co.jp まで

2017年6月15日 尾瀬ヶ原散策(日帰り)

                             参加メンバー:T,K、M、K(会員外3人)水芭蕉の時期をねらって尾瀬ヶ原散策に行ってきました。
尾瀬戸倉から鳩待峠に向かうバスの接続時間を心配していたが、全くその心配はなかった。駐車場に到着する端から9人乗り相乗タクシーに誘導され(バスと共通券)あっ!と言う間に発車。まったくタイムロス無く、鳩待峠に到着。
平日でも人出はそれなりに多い。中学の遠足らしき団体もいる。
例年の見頃より遅い計画で少し心配でしたが全くの取り越し苦労でした。今年は残雪が多く、雪解けが遅れたこともあり、水芭蕉は最盛期。山の鼻〜牛首分岐〜中田代にかけて真っ白い大群生が湿原に広がっていた。
振り向けばどっしりとした残雪の至仏山、行く先には尖った残雪の燧ケ岳、どれも素晴らしいロケーションでスケールの雄大さに圧倒されました。
尾瀬ヶ原は全て木道で歩きやすい。水芭蕉の白とリュウキンカの黄色の対比も美しく、タテヤマリンドウ、シラネアオイ、ショウジョバカマ、水の中に咲くオゼコウホネなど花も沢山見ることが出来ました。ワタスゲは白くなる前でした。
100キロ以上担いでいるボッカの若者、木道を付け替える作業をされている方など色んな風景を目にしました。
行きには波立っていて沼に写る逆さ燧ケ岳を写真に撮ることが出来なかったが、帰路にはバッチリ撮れ「やったあ!」
植物研究見本園(ここの水芭蕉の群生は凄かった)を回ってバス発着所の尾瀬戸倉に到着。
最後の1時間が登りでちょっと大変だったか。32000歩、実質歩行時間7時間以上。タイムリーな時期に行かれてラッキーでした。
【コースタイム】
尾瀬戸倉(720)ー鳩待峠(800)ー山の鼻(920)ー牛首分岐(1020)ー竜宮十字路、大休憩(1100)竜宮発(1145)ー東電小屋(1230)ーヨッピ吊り橋ー牛首分岐ー山の鼻(1330)ー植物園(1445)ー尾瀬戸倉(1625)
  
                                             逆さ燧ケ岳
  
                 水芭蕉の群生                      至仏山

2017年6月4日 十文字峠から大山
                                    
メンバー:O、F 計2名
朝6時F邸を出発。鉢巻線を通り野辺山経由毛木平駐車場へ。野辺山駅前では以前川上村に行ったことの先入観にて駅手前を右折してしまったが、実際は左折。そこから左右に広がるレタス畑をひたすら通りナナーズというショッピングセンター脇を右折。そこからもレタス畑を通り林道を抜けて駐車場に到達したが7時半の時点で奥の駐車場はいっぱい。手前からすでに路駐状態。しかも止まっている車はほとんどは都市圏の車。
                             
つづきはこちらをご覧下さい(PDF)
【コースタイム】
駐車場発7:45 十文字小屋10:00 大山11:30 大山出発12:30 十文字小屋発13:00 駐車場15:00
  

2017年6月11日 清掃山行、杣添尾根から横岳

      参加メンバー:A、T、K、H、W、M(伊那山仲間)、N(上小山の会)、会員外1名
清掃山行で杣添尾根から横岳へ行きました。梅雨に入り、不安定な天気に惑わされながらも比較的天気が良い日に決行できました。先週より雪解けがかなり進み、森林限界付近までは夏道が出ていました。森林限界付近から、山頂直下へのトラバースは、多少の雪が残り、踏み抜きがあるものの、夏装備で特に問題無し。雪解けが進んだおかげと、先週開山祭だったせいか、かなりのゴミを拾う事が出来ました。
三叉峰に出ると、稜線上は少々風が強く、寒かったです。奥の院をピストンし、花が少な目だったので、少しだけ赤岳方面へ。ツクモグサは寒さのせいか蕾状態でありましたが、先週に引き続き沢山咲いていました。ウルップ草は芽が出始めたところ。様々な花が咲いており、図鑑片手に楽しんできました。
本日は、ゲストで上小山の会からも1名参加いただき、各会の交流が出来、有意義でした。
【コースタイム】
海ノ口自然郷別荘横岳登山口(6:20)―三叉峰(9:50)―横岳(10:20)―三叉峰(10:50、大休止・周辺散策)―海ノ口自然郷別荘横岳登山口(14:10)
        1.杣添尾根から
        
2.ゴミ拾いの成果

2017年6月4日 清掃山行の下見、杣添尾根から赤岳
                                       
参加メンバー:W
清掃山行の下見として、杣添尾根の様子を見に行ってきました。同日に赤岳開山祭があるせいなのか、ツクモグサが咲いているせいなのか、私が駐車場に到着した頃には路駐も合せて車が20台以上も停まっていました。
事前情報通り、2400mあたりからしっかりとした残雪が出てきます。多い所では2m弱ほどの積雪が残っていました。気温が高くシャバシャバな雪。踏み抜きも目立ちます。清掃山行は足元が不安なメンバーも参加予定なので、どうしようか…と、頭を悩ませながら進みます。
三叉峰に着くと、多くの登山者が行き交っていました。赤岳方面へ進むと、地蔵尾根へ行くまでに沢山のツクモグサを見る事が出来ました。ベストシーズンです。赤岳へは開山祭に参加する人の群れが…登るのも渋滞、山頂の標識には人集りが凄すぎて近づけず。結局、神事が始まるまでに後1時間以上も待てず、下山へ。目的の杣添尾根の様子は分かったので、良かったです。
【コースタイム】
海ノ口自然郷別荘横岳登山口(6:50)―三叉峰(9:35)―赤岳(10:50、大休止)―三叉峰(12:40)―海ノ口自然郷別荘横岳登山口(14:10)
  
      
 1.杣添尾根の残雪                  2.ツクモグサ
 
              
 3.赤岳開山祭

2017年5月27日 高瀬川 大白沢

                                        メンバー:倉澤、久保
手頃な沢で沢始めをしてきました。
大白沢は高瀬川の細い支流ですが、出合いからそこそこの滝が連続し、両岸は迫っているが明るく、花崗岩の岩盤が光っていて綺麗な沢でした。ただ難点はちょっと遠いこと。近ければなぁ〜。
入渓してすぐのトイ状で突っ張り、その後の滝では高巻きの練習、大滝では懸垂の練習などと例会の下見をしてきました。遡行には時間的に物足りないですが、沢は綺麗ですので講習会向けの沢かもしれません。
【コースタイム】
大白沢上橋発(遡行開始)8:50〜1140M二俣にて引き返し9:40〜(大滝にてロープ講習)〜大白沢上橋着(遡行終了)11:40
         
                   
01 トイ状          02 大滝にて懸垂 

2017年5月23日 鍬ノ峰
(大町市)
                            
 参加メンバー:小野木、福田、辻
5月の平日山行として大町市郊外にある里山、鍬ノ峰へ行ってきました。
北アルプスの展望台として地元では知られていますが、標高1623mの里山ということもあり、行動時間は3時間半ぐらいでちょうど良い山と思っていたらなんのなんの、急登につぐ急登で結構大変でいつになったら山頂に着くのという感じでした。
でも山頂では360度の展望が得られ、餓鬼岳から裏銀座、蓮華岳、爺ガ岳などが見渡せ、反対側に目を向けると大町市街地が見えます。
ここ数日の暑さで多少まいりましたが、人も少なくシャクナゲに心を癒されたまあまあの里山山行でした。
  
  

2017年5月14日  乗鞍岳

残雪期山行という事で乗鞍岳に行ってきました。前日は雨でしたが朝から天候も良く登ってこれました。
三本滝駐車場からバスが出ていましたがそこは使わず下から登っていきます。
途中でコンパスを使用して直進法を学んだり野鳥の名前を教えてもらいました。
樹林帯を抜けて位ヶ原につくとだだっ広い所になり雪がたっぷり。青空と乗鞍岳がとても綺麗でした。風が少しありましたが寒くもなく融雪が進んで時々ズボっと足がとられ苦戦しました。肩の小屋過ぎた辺りでアイゼンを付けて山頂まで登りきり穂高や先週登った常念など絶景が見え夏は北アルプスに行きたい!とまた楽しみができました。
山頂からバスで来た人たちがたくさん見えて混雑していたので朝早く行動してよかったです。バックカントリーをやる人がたくさんいて下山中、爽快に滑り降りて行く人達を横目に見ながらソリ持ってくればよかった〜と私も滑りおりたい〜と思いながらの下山となりました。
【コースタイム】
4:00駐車場−5:30三本滝駐車場−8:00位ヶ原−10:15乗鞍岳−往路下山−10:40大休止(11:10発)−12:40三本滝駐車場着
          
          

2017年5月3日〜4日 常念岳〜大天井岳〜燕岳、表銀座縦走

                                         参加メンバー:K, W
予定していた岳沢での雪上訓練が中止となり、代替案として表銀座縦走をして来ました。
1日目:
常念岳日帰り組に穂高駅にてピックアップしてもらい、一ノ沢登山口からスタート。一ノ沢から右手に伸びる夏道はまだ使用出来ず、常念小屋までは沢筋を歩きます。雪崩れの跡が多く、沢筋の怖さを物語っていました。  つづきはこちらをご覧下さい。
【コースタイム】
1日目:登山口(5:30発) 〜 常念小屋(10:00、大休止) 〜 常念岳山頂基部(11:35) 〜常念小屋テント場(12:05着、幕営)
2日目:常念小屋テント場(3:50発) 〜 大天井岳山頂(7:20着) 〜 燕山荘(11:20) 〜 中房温泉(14:10着)
  
                1.常念岳山頂              2.テント場からの夕暮れ
  
               3.大天井岳山頂                 4.表銀座縦走路 

2017年5月4日 山梨 毛無山(天子山塊)        
                                   
 メンバー:O、F 計2名
朝5時出発。国道136号線の富士芝桜まつりの大渋滞にまさかこの時間に出発すれば巻き込まれないだろうと思い出発したが、会場入り口手前で朝6時40分頃足止めをくらう。開場は8時のはずだがすでに渋滞が出来始めていて20分くらい時間ロス。それでも何とか突破し登山口駐車場に20分遅れの7時20分頃到着。
こちらの駐車場は空いている。天気は良好。三つ葉つつじ、山桜も咲いている。全体的に雪解けが終わって、植物の芽吹きはこれからと言う感じ。事前情報では、直登なのでそれなりにきついと言う話だったか、石、岩が少なく歩きやすく、一歩、一歩で高さのある階段を登り続けるようなところはなかったせいか思ったよりは、きつくはなかった。
GW中朝霧高原は、キャンプ客で大賑わいで駐車場で聞こえなかったキャンプ場からの音楽も高さをあげるごとに良く聞こえてくる。見晴らしの良いところからだと最低でも500張りくらいはあるだろうテントの密集するエリアも見える。
登山道は、1合づつ標識が出ているので目安になる。不動の滝や見晴らしも悪くないので退屈することなく歩き続ける。富士山は、ここからの眺めが一番良いという記事を見たが確かに大迫力で見え下界の景色もきれいに見えた。毛無山には、1946mの一等三角点のある毛無山の標識が出ているポイントと、地図上に毛無山と記載されている1964mのポイントと二つあり正式には1964mの地点が毛無山となるのだろうが、実際には標識もあるのでどちらも毛無山なのだろう。ほとんどの登山者は、1946mの標識の場所でくつろいでいるのでその先の1964mのポイントへ向かう人は少数。だが、その先の登山道の方が人が少なくかつゆっくりと富士山を眺められる。下山は、多少ザレ場があるが登りと違いトラバース気味にゆっくり降りていく。急な下りがない為距離は伸びるかもしれないが、足に負担がかかることは少ない。途中何度も川を渡る。増水時にはこちらは使えない。
15時40分駐車場到着。駐車場に入りきれない人がいたせいか、駐車場以外にも駐車あり。国道136号に入ったとたん渋滞でのろのろ動いているだけだったので、遠回りし52号線に迂回し帰宅した。
【コースタイム】
駐車場発7:35  不動の滝8:20 毛無山1946m11:15 毛無山1964m11:30 毛無山1946m11:45昼食 12:30出発 第二地蔵峠13:30 第一地蔵峠13:45 駐車場15:40天候;
  

2017年5月3日 北ア常念岳                        
                                             L谷内、原
事情によりGW泊り山行がボツとなり新人訓練も兼ねてたっぷりの積雪の残る一ノ沢を経由し常念岳に日帰りで行ってきました。
先日の爺ケ岳南尾根の1300mに引き続き今回は標高差1600mの上り降りをしっかりした足取りでこなせ原さんの体力は充分でありました。
【コースタイム】 晴れ
AM3:50茅野発‐5:10駐車場。GWだけあってすでに多くの車あり〜5:30縦走組の久保、倉澤とともに出発‐5:55ヒエ平登山口‐9:35常念乗越。たっぷり雪をたくわえた槍、穂高に対面‐雪が消え歩きにくい夏道どうしに10:50常念岳。風のない中ゆっくり大休止〜11:20往路下山‐14時ヒエ平‐14:20駐車場帰着
  
 

2017年4月30日 天狗山〜男山
(川上村)
                               メンバー L朝倉、辻、原、非会員1名
前日29日に山行の予定でしたが天候が思わしくないことが予想されたため30日に行けるメンバーで南相木村の天狗山と男山を快晴の中、縦走してきました。
以前から野辺山辺りから眺めるこの2つの山のフォルムがとてもカッコよく気になっておりました。
雪もなく登山口から天狗山まではちょっとした岩場もあり短時間で傾斜を楽しく登ることができました。天狗山から男山まではとても歩きやすく、どちらの山頂でも展望が良く八ヶ岳、南アルプス、金峰山など沢山の山々が望めとても気持ちの良い山行でした。
春の山を楽しみに行きましたがまだ草木も芽吹いておらず枯れ葉が多く春らしさはあまり感じられませんでした。ミツバツツジや石楠花が沢山あり花が咲く頃はとても綺麗なんだろうなと思いまたその頃に行ってみたいです。
【コースタイム】
7:10信濃川上口車1台デポ−7:40馬越峠登山口(7:50発)−8:40天狗山山頂−10:30男山山頂(大休止)11:50−13:15信濃川上口登山口着
  
            

2017年4月23日 北ア爺ケ岳南尾根

                   メンバー;L谷内、倉澤、久保、高橋、原、結城(R&B)
春めいた暖かさの快晴の好天のもと新人トレーニングの意味も込め爺ケ岳南尾根に行ってきました。取り付きからしっかり雪あり、しまった雪面でのアイゼン歩行が十分楽しめました。ジャンクションピークから先はみごとな眺望で久しぶりの剣の雄姿に歓声をあげるのとともに、針ノ木周辺の尾根ルートもしっかりチェックすることができいつの日にかの挑戦意欲もわいてきました。そして何よりもR&B所属の結城さんと山行を共にすることができ新しい山の仲間が増えたことが一番の収穫でした。
【コースタイム】
AM4時茅野発‐5:25扇沢駐車〜結城さんと合流後6:10登山口発‐8:53JP−10:20爺南峰‐往路下山‐13:13登山口帰着
  
            
1_爺ヶ岳をバックに                  2_爺ヶ岳山頂
 
             
3_鹿島槍をのぞむ

2017年4月8日〜9日 天狗岳東壁 
              参加メンバー:K, W
佐久山の会の例会山行である天狗岳東壁に参加してきました。
この山行には、当会の他、上小山の会、R&Bからも参加者がおり、計13名という大所帯。参加者は同世代が多く、とても刺激となる山行でした。

2日目に天狗岳東壁を登る予定でしたが、天候の悪化を受け、初日に天狗岳東壁を登るという判断となり、スケジュールを大幅に変更しての山行となりました。しらびそ小屋を出発し中山峠に繋がるルートから左手の沢筋に入り、東壁の基部を目指します。さすが東面ということも積雪が多く、幾度も踏み抜きハマります。東壁が見えてくると、前日に雪崩たのでしょうかデブリが堆積していました。基部で登攀具を装備し、東天狗の山頂を目指します。視界不良の中、大量のデブリを越え、さらなる雪崩に遭わないように向かって右側の樹林帯から登ります。3分の1ほど登ったところから、クラックのような小さな裂け目が出てきて非常に怖くなり、先頭を行く集団の中で中断して戻るか迷いが出ました。そんな中、ベテランの方からいただいた助言と状況判断から、とにかく早くこの場所から抜ける事が安全策という決断となり、一気に残りを登りあげました。だんだんと岩稜帯が近づき、落石の恐怖もある中、天狗の鼻の方へトラバースして行きます。最終的には、登攀具は使用せず天狗の鼻の下に登り詰めました。雨と高い気温により、重くなった雪のラッセルは大変でした。東天狗岳の山頂を踏み、中山峠からしらびそ小屋へ下山となりました。

今年の東壁は雨、気温が高い、視界不良、雪崩、落石の危険性…決して良いとは言えないコンディションから経験が物を言う世界が広がっており、非常に貴重な経験をさせていただきました。
【コースタイム】
1日目:みどり池登山口(8:30発) 〜 しらびそ小屋(10:45、大休止) 〜 東壁基部(12:50)
    〜東天狗岳山頂(14:30着) 〜 しらびそ小屋(17:00着)
2日目:小屋内にてロープワーク講習 〜 しらびそ小屋(10:30発) 〜 みどり池登山口
     (11:15着)
  

2017年3月26日〜31日 アフリカ大陸最高峰 キリマンジャロ 5,895m
2年前にマレーシアのキナバル山 4,095m に登った後、密かにねらっていたキリマンジャロに、この春休みに登ってきました。
まさに大名行列です。我々は何をする必要もなく、身の回りのものだけを持っていればよく、その他のことはみんなポーター達がやってくれました。
こういう山の登り方ってどうよ、と思いますがこのことが現地の雇用を生みだし、タンザニア政府には外貨を提供し、産業として成り立っているのならこれも一考かと思います。
さて、キリマンジャロ。
5泊6日のテント泊ルート マチャメルートで登りました。もっとも登られているマラングルートより、日程が1日長く標高4,000m 前後を行くルートのため高所順応ができ登頂率が高いというのと、何よりもテント泊と言うことから選びました。
そのため登山費用も、約1,500ドルと決して安い物ではありませんでしたが、納得のいく山行が出来たと思います。 詳しくはこちらをご覧下さい。
  
  
  

2017年4月2日 花見山行 黒斑山
 
                                       参加メンバー:W, F, O
花見山行にも関わらず、まだまだ冬景色の浅間山の外輪山である黒斑山へ行ってきました。表コースより黒斑山を目指します。前日の降雪で新雪が積積もっていましたが、既に入山者が多数おり、トレースはしっかり付いていました。ツボ足で進み、槍ヶ鞘で浅間山を眺めながら小休止。トーミの頭では、狭い場所にも関わらず大賑わいでした。天候も雪質も好条件のため、目的地の黒斑山山頂からさらに蛇骨岳へ。踏み抜き腰まで埋まることもしばし。蛇骨岳山頂にて大休止をとり、豚汁を食べてきました。黒斑山まで来たコースを戻り、中コースから下山としました。
特に危険個所はないコースですが、最近浅間山では微弱な地震が多発しているので、無事に帰路につけて良かったです。[コースタイム]
【コースタイム】
高峰高原ビジターセンターP (8:25発) 〜 槍ヶ鞘(9:40) 〜 黒斑山山頂(10:35) 〜蛇骨岳山頂(11:30着、大休止) 〜 黒斑山(13:15着) 〜 高峰高原ビジターセンターP (14:15着) 
        

2017年3月24日 黒姫山
                
                 
メンバー:朝倉、久保、高橋
雪を求めて北信五岳の1つという黒姫山へ、ソリも持って行ってきました。
登りはじめは、少し雪が降り、休止中に少し青空が眺められるが、他曇り、風は強く、まさに冬山雰囲気満載。
駐車場からの林道歩き、ツボ足では前日まで降った新雪にはまり、輪カンを早々に装着、結局ここから、駐車場に戻ってくるまでずっと装着してました。
林道から広い広い斜面を登って行くと途中からペナントを発見。ペナントを追いかけながら登っていきました。
風は強い中、膝上までのラッセルを存分に楽しみました。時計を見ながら、ソリを片手に、戸隠蕎麦を食すイメージをしながら、11時を目処に終了。
振り返ると、行きのトレースは、風で消失。下りは、ソリで一気に〜と思っていたものの、新雪にはまりなかなか進まず、歩く方が早いが、粘り強くソリを楽しみました。
行きは2台しかなかった駐車場も戻ってくると、満車。山では誰ともすれ違うことなく静かな平日山行でした。
個人的には、こんなに雪深い所に来るのも、輪カンで歩き周るのも、ソリ遊びも初めてだらけの楽しい山行でした。
帰りは、戸隠蕎麦、むれ温泉とリフレッシュ休暇となりました。
【コースタイム】
7:25大橋登山口発〜林道〜しらたま平〜10:20  休止  10:35発〜11:10 標高1950付近で終了〜13:00大橋登山口着 
         

2017年3月18日〜19日 北アルプス 西穂高岳
                             
メンバー;L谷内、宮坂、倉澤、鈴木
宮坂さんのローツェ遠征の壮行会を西穂で行ってきました。3連休の渋滞に巻き込まれないよう入山日に西穂ピストンを行い、夜はリッチにスキヤキパーティーで宮坂さんの健闘を祈りました。

3/18 晴れ〜夕方より気圧の谷の影響で曇り始め雪舞い出す
AM6時茅野発‐7:55新穂高。すでに駐車場は満杯に近い状況であったがなんとか駐車。登山指導所で計画書を提出すると下山報告用のカードを渡される。登山条例に基づいたシステムのようだ。9時始発のつもりでいたが8:30に臨時便ロープウエイが動き出し、無事始発便に乗車することができ山頂駅を9時に出発。さすが人気ルートだけあってトレースはばっちしで9:50西穂山荘着。テント設営後10:30西穂に向け出発。11:28独標。しっかり雪ついてて岩の露出、氷化ほとんどなくトレースもついており、又連休初日のせいか人も少なめでルート交錯なく順調に進み12:40西穂山頂。ほぼ無風の好条件のもとゆっくり休息をとった後往路を戻る。独標にて危なっかしい足取りで登る人たちを何人か待ち時間をくう。明日は大渋滞で大変なことになりそう。14:30テンバ帰着。次々と入山者あり、最終的にテンバ40張りぐらい、小屋の食事2交代制となったよう。夕方に気象予報士の資格をもっておられる山荘支配人の方がテンバまで出向いてこられ明日の気象予報を発表される。寒気をもった気圧の谷の影響で夜間から降雪あり明日は風強まるであろうと。確かにそのとうりで一晩で約10センチの降雪あり雲の流れ早く稜線は風雪厳しい冬山に戻っていたのであろう。初日ピストンで大正解であった。

3/19 くもり、小雪
AM6:35下山‐7:30山頂駅。今日も臨時便が出されたおかげで8:30ロープウエイ乗車‐9時駐車場帰着。車にはうっすら雪がつもっていた。入山前の天気図から小さな気圧の谷の通過は読みとれたがそれ程の崩れはないと思っていたのだが天気の読みの奥深さが痛感されました。
  
  
 

2017年3月11日〜12日 黒岩山(雪洞訓練) 
北信州
                              メンバー:朝倉、福田、倉澤、久保、O
北アルプスや上信越など、積雪条件が厳しい雪山を目指すなら習得しておきたい雪洞技術。今回は雪洞体験のため、雪深い黒岩山に行ってきました。

事前に例会にて雪洞について学習、用具と設営場所、雪質などを学びました。

当日は天気も良く雪洞訓練には好条件でした。初体験の人はワクワクで歩く。目的は雪洞訓練なので2時間ほどで目的地へ。ある程度の傾斜地を探すが良さそうな所は無く、傾斜の緩い所で雪洞づくり開始。垂直水平方向共に3M以上の積雪、まずは1.5Mほど斜面を切る。そこから水平に2.5M程掘るが雪が固い。スノーソーとアルミのスコップの有難さを実感。2人で掘るスペースができると掘るペースは上がる。一つの入り口から掘り進めたが他のやり方を工夫すると効率が上がることも実感。手の空いた人は雪壁を作る経験も積む。都合3時間で5人分のスペースが出来上がる。最後に天井部をアーチ状に成形し完成。多少ブッシュに当たったが支障は無し。本格的にブッシュに当たると作り直しだそうだ。盛大に完成式を行いたかったが酒が足りずに残念。いつものテン泊だと白いLEDの光だが、ロウソクの温かい灯りは夕食もさらに美味しく感じさせてくれる。
雪洞は、火を焚いても温かくならず夜半になっても寒さが厳しくならない不思議な感覚を感じながら就寝。(飯山のアメダスの記録を見ると、12日6:00で−6.5度)
翌日はゆっくりし、黒岩山を往復し午前中に下山となる。楽しい山行でありました。だた、雪洞を一人で作るとなるとごしたそうです。
【コースタイム】
11日 冬季閉鎖口前発9:00〜稜線上(雪洞設営開始)11:10〜昼食〜雪洞設営終了
     15:10(雪洞泊)
12日 雪洞発7:30〜黒岩山8:50〜雪洞着9:50〜冬季閉鎖口前着11:10
  
                
01 黒岩山へ                    02 講習中 
  
           
03 雪洞の夜はふける                  04 黒岩山にて

2017年2月26日 硫黄岳                  
メンバー:倉沢、久保、原
気温の変化により美濃戸林道が凍結の為、通行止め。初めて美濃戸口から歩いた硫黄岳でした。
6:00過ぎの段階で美濃戸口の駐車場は満車に近い。なんとかスペースがあり無事駐車。駐車場もスケートリンクの様に氷が張っている。林道も同様で凍結による通行止めもやむなしか。普段、車窓から眺める風景をゆっくりと眺められると思って歩く。赤岳鉱泉までは林道主体で林道ショートカットを使えば行者小屋まで行くよりも楽に行ける。赤岳鉱泉を過ぎトレースは、夏道に沿ってでは無く樹林を縫うように上へ上へと伸びており少しシンドイ。赤岩の頭下でアイゼンを付け頭へ。途中、ガイドと思わしき方に「稜線は風が強い」と助言を頂くが行ってみると弱風となっていた。硫黄岳山頂では晴れ切った空の下、火口を見学し大展望を楽しむ。20分程は楽しみ下山。赤岳鉱泉で昼食。小春日和で1時間ほど大休止をしてしまう。下山路は午後にもなると雪も解け春山らしい雰囲気となり、厳冬期も過ぎてしまったか感がある。足早に美濃戸口まで帰り解散となる。
トレースがあれば技術的に問題となる事は無いとは思いますが、赤岳鉱泉からの樹林帯のルートファインディング及び赤岩の頭下の雪崩には十分注意を。美濃戸口から歩いたとしても美濃戸までは思いのほか早く行けるでしょう。
【コースタイム】
美濃戸口7:10(発)〜美濃戸7:00〜赤岳鉱泉8:40〜硫黄岳10:50(11:10下山)〜赤岳鉱泉11:55(大休止)12:50〜美濃戸13:50〜美濃戸口14:40(着)
  
           
01 樹林帯を上へ上へ                02 山頂は大展望
  
              
03 爆裂火口にて              04 雪も解けグズグズ

2017年2月28日  守屋山             
メンバー:福田、高橋、非会員1名
平日山行で、快晴の中、守屋山に行ってきました。
キャンプ場からは、アイゼンを付けて、ゆっくり、景色を楽しみながら登りました。
山頂では、会員のお父様と、入会希望の方と偶然お会いでき、大休止は、和気あいあいと楽しい時間を過ごせました。
下りも、アイゼンを付けて、ゆっくり時間を安全に下りました。
平日でしたが、10名程の登山者とすれ違い、頂の絶景を想えば納得。
優雅な時間を過ごせました。
【コースタイム】
9:30杖突峠 駐車場〜10:15キャンプ場  小休止〜11:10東峰〜11:35西峰  大休止  12:30発〜14:20駐車場着
       

2017年2月12日 冬合宿(日帰り組) 八ヶ岳赤岳

                                   メンバー:A、F、H、O、T、5名
美濃戸駐車場より出発。6時半頃でほぼ駐車場は一杯状態。それでもスペースを見つけ駐車。天気が心配されたが、駐車場までのアクセス途中でもしっかりと八ヶ岳全域が晴れていることが確認できた。温度は、マイナス15度。
                            
つづきはこちらをご覧下さい。(PDF)
【コースタイム】
5:45美濃戸発−8:20行者小屋着8:45発−11:25赤岳−13:10行者着13:30発−14:55美濃戸着
  

2017年2月11日〜12日 冬合宿 八ヶ岳 赤岳主稜

                         
メンバー:谷内、倉沢、久保、宮坂(伊那)
ここ数年、しらびその冬合宿は冬の生活訓練と大人数での行動が主。ここで冬山の経験を積み次へのステップに繋げる山行です。今年は参加者が少なく、泊組と日帰り組に別れましたが異なるコースで赤岳に登り、奇しくも山頂付近で合流となりました。こちらは、泊組の記録です。                    つづきはこちらをご覧下さい。(PDF)
【コースタイム】
11日 美濃戸6:30〜行者小屋9:20(10:20発)〜取付き下見11:10〜行者小屋12:00
12日 行者小屋4:50〜文三郎道分岐6:00〜主稜登攀開始7:00〜登攀終了11:00(縦走路への合流)〜赤岳11:25〜(地蔵尾根経由)〜行者小屋12:10(12:45発)〜美濃戸15:15
  
             
1 11日は荒れ模様                2 翌日は良い天気
  
         
3 主稜途中、傾斜が緩む                    4 山頂にて

2017年1月29日 蓼科山 
                                
メンバー:(L、記)倉沢、H
当初、4名での予定でしたが体調不良により一人二人と欠けて、二人での山行となりました。当日は、天気も良く山頂では無風。雪も氷化も少なく、歩きやすい道で冬山って感じがしませんでしたが楽しめたのではないでしょうか?
 女乃神茶屋Pで装備を整え出発。天気も良く穏やかな日。森林限界までは圧雪された歩きやすい道、所々固くなっているがキックステップで対処。アイゼンは森林限界の所で装着。山頂に回り込むところで風が強くなるが山頂ではほぼ無風。多くの登山者で賑わっていました。一通り景色を眺めた後、下山。2113Mの地点でアイゼンを外し大休止。その後は、雪のある所を歩くために多少道を外しながら歩く。滑る所と滑らないと所、歩き方のコツなんかを話しながら午前中には駐車場へ到着。駐車場で、ハーネス装着の注意点、ロープとの結束方法、フィックスロープでの通過の方法などを確認して解散となりました。同行者は最近、当山岳会に興味を持ってくれた方。体力有り、装備はあと少し、歩くの早い、と今後が楽しみの方です。
【コースタイム】
女乃神茶屋P(発)7:15〜蓼科山山頂 9:50〜(樹林帯まで下り大休止)〜女乃神茶屋P(着)11:45
     山頂は穏やか
    
抜けるような青空でした

2017年1月21日〜22日 八ヶ岳 地獄谷川俣尾根
 
                               メンバー;L谷内、宮坂、倉澤、久保
硬雪の上に積もった先週末の大雪による雪崩のリスクを考慮し、当初の計画を変更し尾根筋ルートとして三ツ頭から地獄谷出合小屋に伸びてきている川俣尾根に行ってきました。地獄谷は夏、冬通じて何度も足を運んでいますが川俣尾根は入ったことなく情報も少なく機会があれば歩いてみたいなと思っていた尾根でした。
                           つづきはこちらをご覧下さい。(PDF)
  
               1.2300mテン場                     2.ラッセル 
 
                 3.三ツ頭にて

2017年1月20日 駒ケ岳神社〜不動の滝
                                        メンバー:A、F、H、T
日本列島が低気圧に挟まれ、天候が怪しい中でも行けそうな滝見を計画し、行ってきました。予想とは裏腹に、行きの道中では太陽を拝められ、山行中もぱらぱらと舞う事はありましたが、何とかお天気ももちました。
前日?最近?入ったような足跡もあり、トレースあり。本日は、カモシカとはすれ違うが、人とすれ違う事もなく、ゆっくりと大いに楽しめました。
凍ってる所もあり、岩が出てる所もありといった感じでしたが、神蛇滝以降は、雪もしっかり出てきました。野鳥 や、木々の観察もしながら、ゆっくり進みます。途中、雪崩の後もあり、少ない雪でも身が引き締まります。行きは、一箇所、念の為ロープを出し安心・安全に不動の滝までたどり着けました。天候も穏やかで絶景を楽しみ、お湯を沸かし、おしるこもいただき、ゆっくり過ごしました。
下山後は、温泉にも浸り、5感で楽しんだ山行でした。
Hさんは、アイゼン歩行デビュー!!これから、新品アイゼンをどんどん使って、一緒に楽しみましょ〜
野生のカモシカを怖いと怯えてると、諸先輩方は、可愛い、可愛いと、、、。さすがでした。
【コースタイム】
7:50駒ケ岳神社P〜9:30神蛇滝 小休止〜10:50不動の滝 大休止 11:55発〜13:35千ヶ淵〜14:00駒ケ岳神社P 
  
              
神蛇滝                    不動の滝
  
                 
野鳥観察                 千ヶ淵

2017年1月15日 八ヶ岳 天狗岳 
                      
          
参加メンバー:W, 会員外1名
世間が大寒波だ!!と騒ぐ中、天狗岳へ行ってきました。他の地域が大雪に見舞われる中、諏訪地域には目立った積雪は無かったです。朝雪が降っていたため、安全ため渋の湯から入山。渋の湯の女将に、山頂なんか行けないよ!と言われましたが、とりあえず黒百合ヒュッテまで行って判断するようにしました。本日一番乗りだったかもしれません、積雪によりトレースはあるようなないような感じでしたが、ペナントもしっかり出ており問題なく歩けました。早朝の下山者が多く、上はそんなに荒れているのか…と思いながら、黒百合ヒュッテに向かいましたが、風は思ったより強くなかったため東天狗岳へ。ヒュッテの温度計で、気温は−15度。実際に稜線に出ると風強めではあったけど、強めと感じる程度。見通しが良く視界も良好。サクッと山頂を踏み、黒百合ヒュッテで大休止としました。
同行の雪山デビューの友人にとっては、雪山の洗礼を受けさせてしまったかもしれませんが、厳冬期らしい八ケ岳を楽しめたと思います。
【コースタイム】
渋の湯(7:30発) - 黒百合ヒュッテ駅(10:00) - 東天狗岳(11:30) - 黒百合ヒュッテ(12:00着、大休止) - 渋の湯(15:00着)
          

2017年1月7日 新年山行@北横岳&三ツ岳
                                 
参加メンバー:T, A, F, K, W
1/7-8で泊まり山行の予定が、南岸低気圧の影響で天候が思わしくないことが予想されるため、急遽、日帰りの山行に変更し北横岳&三ツ岳へ行ってきました。
日の出と共にピラタスロープウェイ駐車場から、ロープウェイ下の登山道を2時間ほど歩きます。雪が少ない!を通り越して、雪が無い!!!1月に土が出ている登山道を歩く事になるとは。ロープウェイの始発より早く山頂駅に到着し、北横岳へ。降雪が無い上に、最近気温が高かったため、周辺の山々も黒々しい。三ツ岳との分岐でアイゼンを付け、北横岳の二峰を踏みました。さすが3連休ということなのでしょう、北横岳ヒュッテに戻ると続々と登山者が登ってきて非常に賑わっていました。さらに、三ツ岳方面へ。しっかりとトレースが付いてしまっており、踏み固められていたため、期待していた岩稜帯歩きはそれほど無く、難なく通過。急な坂を下り雨池峠へ。今シーズン初めてアイゼンを付けて歩くメンバーもおり、足慣らしにはちょうど良い山行でした。
下山時、ロープウェイ下の登山道の上部は凍結が酷く、アイゼン無しでは少々歩き難く、また気温が上がってきて、駐車場へ近づくほど登山道は泥道と化していました。
【コースタイム】
駐車場 (6:45発) ? ロープウェイ山頂駅(8:35) ? 北横岳ヒュッテ(9:25) ? 北横岳山頂(9:50) ? 北横岳ヒュッテ(10:20) ?三ツ岳二峰(10:50) ? 雨池峠(11:50着、大休止) ? 駐車場(13:30着)
           
           

ごあんない

 トップページ
 ごあんない、活動方針
 活動計画
 山行報告 2016年
        2015年
        2014年
        2013年
        2012年
        2011年
        2010年
        2009年
        2008年
        2007年
 山行報告 詳細版
   八ヶ岳 河原木場沢
   カムチャッカ アバチャ山
   2011年冬合宿
   爺ヶ岳東尾根
   阿弥陀岳 中央稜
   2011年夏合宿 立場川
   八ヶ岳東面 天狗尾根
   2012年冬合宿 権現岳
   尾瀬 燧ヶ岳
   南ア 小渋川〜赤石岳
   熊野古道 伊勢路を歩く
   キナバル山 4095m
   キリマンジャロ
 山行ルートマップ
 入会案内
 花のアルバム
 山の写真集

過去の登山記録

 2016年
 2015年
 2014年
 2013年
 2012年
 2011年
 2010年
 2009年
 2008年
 2007年
 2006年

リンク

 長野県勤労者山岳連盟
 日本勤労者山岳連盟
 長野県の天気
 長野県内の山岳会
イメージ

夜明け前の富士山、黎明